HOME 2020-09-23T15:13:11+00:00

2021年度学校説明会
募集要項

沖縄、那覇市のフリースクール 珊瑚舎スコーレが目指すもの

教室は教員が知識や技術を伝達するためにあるのではありません。
クラスメート同士がお互いをサポートしあい、ともに成長するためにあるのです。
教員はその手助けをするために教室にいるのです。

生徒一人一人が授業を、あるいは学校そのものを「思索と表現と交流」の
場として作るための手助けをすることが学校の役割です。
それが、生徒一人一人の成長につながります。

授業にも、学校にも、そして自分自身にも出来上がりはありません。

珊瑚舎スコーレはいつも呼びかけています。
「授業をつくろう!学校をつくろう!自分をつくろう!」

珊瑚舎スコーレはそれを手助けするためにあります。

Sangosha Scholé

Sangosha is a small alternative school located in Okinawa Prefecture, Japan.  Okinawa is a small island in the southern area of Japan.

The school has an elementary school course, junior high school course and high school course.  Each course has a capacity of about 10 students.

There is also a night senior high school.  These students couldn’t study when they were younger because of the war.

We are going to move from Naha City to Nanjo City in spring 2021.

This school has no hierarchy among the students or between the students and the teachers.  We accept and care about each other for who we are and what we are.  So the students have a close relationship with the teachers.

The students and the teachers from all over Japan gather to create this school.  The students have to make this school a comfortable place for everyone.  We need to keep learning for ourselves but it should be enjoyable.

We have unique curriculums.We learn lot about society through most classes .For example , there is Asia course where we learn about Asia .Last time we did about relationship between other Asian country and Okinawa.

We also study a lot about Okinawa.There are sanshin class, bingata class, Okinawa pottery class and Okinawa language class.Sanshin is a traditional Okinawa music instrument. It has three strings and snake skin.In bingata class, We make traditional dyed fabric.Okinawa has an original pottery culture.

There is a dormitory called Gajumaru House.  It has a capacity of 8.  The students from outside Okinawa live there.

沖縄、那覇市のフリースクール
珊瑚舎スコーレが目指すもの

教室は教員が知識や技術を伝達するためにあるのではありません。
クラスメート同士がお互いをサポートしあい、ともに成長するためにあるのです。
教員はその手助けをするために教室にいるのです。

生徒一人一人が授業を、あるいは学校そのものを「思索と表現と交流」の
場として作るための手助けをすることが学校の役割です。
それが、生徒一人一人の成長につながります。

授業にも、学校にも、そして自分自身にも出来上がりはありません。

珊瑚舎スコーレはいつも呼びかけています。
「授業をつくろう!学校をつくろう!自分をつくろう!」

珊瑚舎スコーレはそれを手助けにするためにあります。

Sangosha Scholé

Sangosha is a small alternative school located in Okinawa Prefecture, Japan.  Okinawa is a small island in the southern area of Japan.

The school has an elementary school course, junior high school course and high school course.  Each course has a capacity of about 10 students.

There is also a night senior high school.  These students couldn’t study when they were younger because of the war.

We are going to move from Naha City to Nanjo City in spring 2021.

This school has no hierarchy among the students or between the students and the teachers.  We accept and care about each other for who we are and what we are.  So the students have a close relationship with the teachers.

The students and the teachers from all over Japan gather to create this school.  The students have to make this school a comfortable place for everyone.  We need to keep learning for ourselves but it should be enjoyable.

We have unique curriculums.We learn lot about society through most classes .For example , there is Asia course where we learn about Asia .Last time we did about relationship between other Asian country and Okinawa.

We also study a lot about Okinawa.There are sanshin class, bingata class, Okinawa pottery class and Okinawa language class.Sanshin is a traditional Okinawa music instrument. It has three strings and snake skin.In bingata class, We make traditional dyed fabric.Okinawa has an original pottery culture.

There is a dormitory called Gajumaru House.  It has a capacity of 8.  The students from outside Okinawa live there.

フリースクール 珊瑚舎スコーレ6つの特徴

自由でのびのび等身大

10才前後の子ども時代は人間形成のためのベースとなる感受性や思考力、想像力、表現力を養う大切な時期です。また、自立心や協調性など社会や他者との関わりの中で自分という存在の輪郭を自分で作るための準備をする重要な時期でもあります。そのような力を子供たちが「自由で のびのび 等身大」で身に付けられるよう手助けをすることが初等部の役割であると考えています。

学びのパートナー

「思索と表現と交流の場」として学校を捉えています。児童・生徒が自分の力で自分をゆっくりと育てるための手助けをする場です。お互いを認め合い、お互いの力を引き出しながら喜怒哀楽を分かち合う場です。異年齢で構成するクラスは上級生・下級生、年上・年下という枠ぐみによる紋切り型の人間関係を優先するのではなく、「一人の人間」の気持ちを大切にする自由で友好的な学びのパートナーが集う場所です。

自分のことばの獲得

「ことば」と珊瑚舎スコーレの教育は密接な関係があります。教育は訓練ではありません。 自由で自立的な個人に成長するための手助けをすることです。その成長を支える大きな柱となるものが自分の言葉の獲得です。様々な状況を文章化する力を得ることです。

通知表はありません

珊瑚舎スコーレには生徒を評価するための通知表はありません。児童・生徒は自身を内省するための自己評価ノートを書きます。点数や○△Xなどではなく、文章を書くことによって自分を振り返り、これまでの自分、これからの自分を見つめます。文章を書くということは自分を仲立ちにした社会との対話、逆に言えば社会を仲立ちにした自分との対話です。人を育てる力を持っています。

学ぶ喜びを刻む時計(夜間中学)

戦後、さまざまな理由から憲法で保障されている学ぶ権利を保障されなかった方々、学齢期を過ぎ、それぞれの形で生活しながら現在も向学心をもち続け、学ぶ場を求めてい方々と一緒に「学校をつくろう!」と思います。人が始める時がものごとの始まりです。学ぶ喜びを刻む時計をみなさんと動かし始めます。

がじゅまるハウス

保護者あるいは保証人の自宅からの通学が不可能な生徒・学生は寮を利用することができます。少人数で作る寮生活を通して自立心と協同性を身に付けてほしいと思います。自立とは日常生活の様々なことを他者とのかかわりの中で考え、動くことでありそれは協同性を求めることでもあります。

フリースクール 珊瑚舎スコーレ
6つの特徴

自由でのびのび等身大

10才前後の子ども時代は人間形成のためのベースとなる感受性や思考力、想像力、表現力を養う大切な時期です。また、自立心や協調性など社会や他者との関わりの中で自分という存在の輪郭を自分で作るための準備をする重要な時期でもあります。そのような力を子供たちが「自由で のびのび 等身大」で身に付けられるよう手助けをすることが初等部の役割であると考えています。

学びのパートナー

「思索と表現と交流の場」として学校を捉えています。児童・生徒が自分の力で自分をゆっくりと育てるための手助けをする場です。お互いを認め合い、お互いの力を引き出しながら喜怒哀楽を分かち合う場です。異年齢で構成するクラスは上級生・下級生、年上・年下という枠ぐみによる紋切り型の人間関係を優先するのではなく、「一人の人間」の気持ちを大切にする自由で友好的な学びのパートナーが集う場所です。

自分のことばの獲得

「ことば」と珊瑚舎スコーレの教育は密接な関係があります。教育は訓練ではありません。 自由で自立的な個人に成長するための手助けをすることです。その成長を支える大きな柱となるものが自分の言葉の獲得です。様々な状況を文章化する力を得ることです。

通知表はありません

珊瑚舎スコーレには生徒を評価するための通知表はありません。児童・生徒は自身を内省するための自己評価ノートを書きます。点数や○△Xなどではなく、文章を書くことによって自分を振り返り、これまでの自分、これからの自分を見つめます。文章を書くということは自分を仲立ちにした社会との対話、逆に言えば社会を仲立ちにした自分との対話です。人を育てる力を持っています。

学ぶ喜びを刻む時計(夜間中学)

戦後、さまざまな理由から憲法で保障されている学ぶ権利を保障されなかった方々、学齢期を過ぎ、それぞれの形で生活しながら現在も向学心をもち続け、学ぶ場を求めてい方々と一緒に「学校をつくろう!」と思います。人が始める時がものごとの始まりです。学ぶ喜びを刻む時計をみなさんと動かし始めます。

がじゅまるハウス

保護者あるいは保証人の自宅からの通学が不可能な生徒・学生は寮を利用することができます。少人数で作る寮生活を通して自立心と協同性を身に付けてほしいと思います。自立とは日常生活の様々なことを他者とのかかわりの中で考え、動くことでありそれは協同性を求めることでもあります。

自分を旅する時間

『紅型講座』 作品

高等部と専門部(休講中)は1年間『紅型講座』があります。 『やちむん(焼物)講座』と隔年で実施され、中等部でも『紅型講座』を開講しています。『紅型講座』は首里の城間紅型のご協力を頂いて開講しています。 [...]

初等部の授業より -『ことば:ウチナー口』-

珊瑚舎スコーレには『ことば:ウチナー口』、『沖縄講座』、『工芸講座:紅型』、『工芸講座:焼き物』といった授業があります。生徒たちの身近にある、このような沖縄の宝物を好きになってほしいという願いをこめて [...]

生徒作品をもっと見る
自分を旅する時間
生徒作品をもっと見る
コースについて

初等部
10歳から12歳(小学校4年生~6年生)の子どもたちが協力し創る「学ぶ楽しさと喜びを育む場」

中等部
13歳以上(中学生、中卒者)を対象にした「ここでしか手に入れられない学びを創る場」

高等部
点数では評価出来ない学びを作る場 (高卒認定試験受験者など対象)

夜間中学校
義務教育未修了の方対象。始める時がものごとの始まり、学ぶ喜びを刻む時計を動かし始めましょう

コースについて

初等部
10歳から12歳(小学校4年生~6年生)の子どもたちが協力し創る「学ぶ楽しさと喜びを育む場」


中等部
13歳以上(中学生、中卒者)を対象にした「ここでしか手に入れられない学びを創る場」


高等部
点数では評価出来ない 学びを作る場(高卒認定試験受験者など対象)


夜間中学校
義務教育未修了の方対象始める時がものごとの始まり、学ぶ喜びを刻む時計を動かし始めましょう

フォトギャラリー
フォトギャラリーを見る
BLOG POSTS
ブログを見る

珊瑚舎の教育は人間という存在だけに備わった能力である
「思索し、想像し、表現する」こと、
つまり「創造」する力の解放を実践する学校教育の本来の姿を
つくりだそうとしているのです。
御協力、御援助をお願いいたします。

珊瑚舎スコーレの教育に関心があり、
入学を考えている方に対して無料体験入学を実施しております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TEL:098-836-9011 / FAX 098-836-9070

事務局(10:00~20:00 土日祝日及び春期・夏期・冬期閉校日休業)
住所:沖縄県那覇市樋川1-28-1 知念ビル3F(与儀十字路・那覇警察署向)

メールでのお問い合わせはこちら
ご支援・ご寄付についてはこちら